茂原市

MENU

茂原市について

 

千葉県でほぼ中央の場所に位置している市が茂原市です。
茂原市は日本で一番の天然ガスの生産量で知られています。
茂原市の名前の由来ですが、平安時代に藤原黒麻呂という人が
この土地で荘園を開拓しました。その時の荘園の名前が「藻原
荘」という名前でその名前からきているといわれています。

 

茂原市の産業として有名なものがねぎや水稲、電気機械が
有名となっています。また有名な祭りとして茂原七夕まつりは
多くの県外の人もみに訪れる祭りとして有名です。またおもしろい
場所があり霊場として有名な藻原寺という場所もあります。

 

日蓮ですが、日蓮の歴史の中でも最も古いお寺として有名です。
毎年多くの人が参拝しにきます。また江戸時代初期から続いている
伝統の市があり、朝から日没まで営業をしていて時間ではなく
太陽とともに開き、始まるという昔からのスタイルそのままの
市場もまた有名です。茂原市は昔からの伝統が多く受け継がれている
地域でイベントや市の暮らしにも伝統が今でも濃くのこっている地域です。

 

みなさんも昔にふれたいと思うのであれば一度は
茂原市で伝統を体験してください。特に七夕祭りはとても綺麗で
凄いです。