大阪・食品サンプル制作体験の旅

2017年の春、一人で大阪旅行に行きました。目的は、食品サンプル制作体験。
私が住んでいる地域では食品サンプル制作の体験がなく、大阪難波に体験できるお店がたくさんあると聞き、どうしても体験したくなったので思い切って行ってみました。

訪問した体験施設は2か所。1か所目は「道頓堀コナモンミュージアム」です。
ここでは昔ながらの「ロウ」を使った食品サンプルづくりを体験できます。
たこ焼の食品サンプルを、店員さんに教わりながら作るので、初心者でも失敗することなく作ることができました。
シリコンのような素材の型にロウを流し込み、あらかじめ用意されている紅ショウガやネギ、たこなどの具材を本物のたこ焼と同じような手順で入れていきます。
ロウが冷えて固まったら、茶色のロウで焦げ色をつけ、ソースをかけます。
完成直後はソースが乾いていないのですが、専用のケースに入れてくれたので当日持ち帰ることができるのがうれしかったです。

2か所目はデザインポケットというお店です。同じく難波にあり、食品サンプル養成スクールを運営している会社でもあります。
ここでは「お弁当のサンプルづくり」や「パフェのサンプルづくり」などいろいろなコースが選べるのですが、私は「寿司ネタの絵付け体験」をしました。
ネタは海老とハマチを選択し、こちらも店員さんの教えてくれる通りに進めることで簡単にリアルな寿司ネタを作ることができました。
ネタの絵付けが完成したら、シャリと合体させ、ケースに入れてもらい持ち帰ることができます。
キーホルダーにするための金具もついてくるので、旅の思い出にピッタリでした。
ちなみに、サンプルづくり体験を終わらせると「認定証」がもらえ、デザインポケットで販売されているプロの職人さんが作った食品サンプルを割引で購入することができます。
大阪にはほかにも見所がたくさんあるのですが、「食品サンプル」に焦点を絞った旅行もとても楽しかったので、ぜひお勧めしたいです。

Related Articles