水彩画の絵の具って特別なものを使うの?

水彩画の絵の具は、透明水彩と不透明水彩の2種類あります。

小学生のときに使っていた絵の具は不透明水彩の絵の具です。

塗り重ねると、下の色が透けて見えません。

これに対して透明水彩の絵の具は、塗り重ねると下の色が透けて見えます。

下の色が透けて見えることで、下にある絵が活かされるので絵に立体感がでるというメリットがあります。

また、キラキラと光沢のある美しい仕上がりになります。

なんといっても、透明水彩絵の具で描く水彩画は、仕上がりにみずみずしさがあるのが特徴です。

一方で、思わぬところに水たまりができたり、修正するのが難しい点があります。

水彩画のコツは、透明水彩の特質を活かせるかどうかにかかっています。

プロの画家が使うのはこの透明水彩絵の具です。

ですので、通常、水彩画の絵の具というと、透明水彩のことを指します。

ただ、仕上げなどに不透明水彩絵の具を使う人もいます。

また、アクリル絵の具を使って水彩画を描く人もいます。

アクリル絵の具は、乾くと水をはじくので、水にぬれても流れ落ちる心配がありませんし、劣化にも強いという特徴があります。

-まとめ-
水彩画の絵の具でメジャーなのは、透明水彩の絵の具です。