バック・トゥ・ザ・フューチャーPart2

この物語は、車型のタイムマシンを使って、過去や未来を行きかう話で、とても面白かったです。
とくに、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズの中でパート2を選んだのは、私が生きている時代にタイムスリップしている設定があったことです。
その時代は、主人公であるマーティ・マクフライが、1985年から30年後、つまり2015年に行ったからです。
各地で、このイベントがあり、タイムマシンとしてつかわれた、デロリアンという車の展示をしていました。
まるで、30年の時を超えて、帰ってきたという、感慨深さがありました。
その映画に描かれた世界は、車はまだ飛んでいませんが、携帯電話や大画面の薄型テレビ、ホログラフィックディスプレイなど、かなりこの時代の状況と合致しているのがすごいなと感じました。
バック・トゥ・ザ・フューチャー2が面白かっただけに、この事件にはすごく興奮しています。
このシリーズでもう少し未来に行ってくれていても、また面白かったと思います。
今回と同じように、待ち遠しく思えるからです。
それだけ、この映画がよかったということです。
チャコールクレンズ